フォークとナイフの使い方

フォークとナイフの使い方

フォークとナイフの使い方

日本人は最近でこそ、箸づかいが苦手、という若者が多くなりましたが、一昔前までは、箸の使い方に関する教育はかなりうるさかったように思われます。

 

考えてみれば不思議なものです。箸の使い方は非常に難しく繊細であり、一定の練習を要するようなものなのです。これに対し、西洋の食器であるフォークやスプーンなどは、ある意味では直感的かつ機能的です。フォークは刺すためのもの、ナイフは切るための物、スプーンはすくうためのもの、と、見事に役割と形がリンクしています。これに対し、箸は一つで複数の役割をこなさねばなりません。

 

ともあれ、フォークやナイフ、スプーンで食事をする際、あまり難しいことを考える必要がありません。とにかく、食べやすい形で持って食べればよいだけです。もちろん、右手にフォーク左手にナイフなどの逆手はダメですが、普通に、、持ちやすいように持てば自然に使えるようになっています。機能的ですよね。良い点ではあります。

おすすめ


ホーム RSS購読 サイトマップ