ナプキンあれこれ

ナプキンあれこれ

ナプキンあれこれ

洋食のレストランに行くと、必ずナプキンが置いてあります。日本では、おしぼりが用意されているのですが、洋食では、ナプキンがおしぼりに当たります。洋食を食べるにあたり、ナプキンをうまく使えることは、大きなアドバンテージになります。ぜひ、使い方を覚えておきましょう。

 

ナプキンは、おしぼりというよりは、和食のマナーにおける懐紙の役割を果たします。口元をちょっとぬぐう、とか、指先をちょっとふく、とか、口元を隠すときなどに使います。

 

ナプキンを広げるのは、注文が済んでからにしてください。注文前にナプキンを膝に置くのはNGです。披露宴においては、乾杯の後などがタイミングとしてはよいでしょう。

 

汚れた部分は見せないようにするのが礼儀ですから、汚れは内側に来るようにしましょう。

 

ナプキンを使う際のNG事項として、たとえば自分のハンカチを使わない、ナプキンをきれいにたたまない(きれいにたたむと、不味かった、という意味になる)などです。

おすすめリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ