ワイングラスの扱い方

ワイングラスの扱い方

ワイングラスの扱い方

ワイングラスというのは、あまり持ちなれないものでもあります。実際にもったことがある人ならわかるとは思いますが、特に赤ワイン用の膨らんだものは、非常に壊れやすそうで、ちょっと持つのがおっかない、という人もいるのではないでしょうか。

 

ワイングラスにも、正しい持ち方、扱い方がありますのでよく覚えておきましょう。どこをどう持つか、ということは、ワインをいかに美味しく飲むかということに関わってきますからね。

 

ワイングラスは、ブランデーのように上の部分を包み込んだりしてはいけません。必ず、細い足のところをつまむようにしましょう。

 

ワインは温度変化に敏感ですから、体温が極力伝わらないようにするためです。また、注いでもらう際にグラスを持つのはNGです。ビールとは違いますからね。注ぎやすいように傾ける、などはもってのほかです。必ず、ソムリエに任せるようにしましょう。

 

ちなみに、家庭で本格的なワイングラスを持つのもよいですが、洗うのがとても面倒です。

おすすめリンク

 


ホーム RSS購読 サイトマップ